2014年08月16日

ワンドの3

w3.jpg
ワンドの3のカードには、崖の上に立ち海の向こうの遠い山を見つめる人物が描かれています。高みから前方にあるすべてのものを見つめています。このカードは、ビジョンと先を見抜く洞察力をあらわしています。私たちがもっと遠くを見たいと思うときは、より高い場所へと上がらなければなりません。上に行けばいくほど、目下の状況から引き離されますが、逆に視野の領域は広がり眼望もどんどん広がっていきます。

リーディングでワンドの3のカードは、長期的な視点で物事を捉えるようにとあなたに告げています。瞬間の情熱に身を任せるのではなく、いったん状況から退いて熟考することが大切です。そしてより大きな枠組みの中に現状を置いてみてください。今の状況に囚われることなくきたるべきことへの予感や直観を通して先を見通す想像力を働かせるべきであることをこのカードは示しているのです。

遠い先を見るということは、ワンドの3のカードが持つリーダーシップというもうひとつ別の意味合いに関連しています。はるか先を見るということは、すなわち最良の未来へと他者を導く知識をもっているということを意味しています。

ワンドの3のカードが出たときは、自らのビジョンに従い、他の人達を導くときがやってきたと思ってください。

また、リーダーは遠い先を見通すだけではありません。必要ならばそこへ先に到達することを求めるでしょう。ワンドの3のカードは冒険のカードです。同じように崖っぷちに立った「愚者」のカードの人物は転落しそうになっていることにも気づかず、無邪気に先へ足を踏み出そうとしています。一方ワンドの3のカードの人物は、何をすべきであるかはっきりわかった上で、その一歩を踏み出すべきであると思っています。あくまで、彼の勇気は自然に湧き上がってくるというより、確かな裏づけに基づくものなのです。ワンドの3のカードは、恐れることなく新たな領域へと進んでいくよう勇気づけてくれるカードです。


タグ:ワンドの3
posted by パープル at 19:48| 小アルカナ【ワンド】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

ワンドの2


w2.png

「ワンドの2」のカードは、思い切ってやりたいことをする、個の勇気と行動を示しています。このカードは、独自のスタイルをつくり上げる独創性を発揮する「魔術師」と似たようなエネルギーをもちます。しかし、魔術師と違うのは魔術師の創造エネルギーは宇宙からであり、非個人であるのに対し、ワンドの2のカードはより個人的で現実なものと繋がっていることをあらわしています。

リーディングでワンドの2がでたときには、「支配する」「コントロールする」ということがその状況の大きなポイントになっていることを示します。あなた、もしくは他の誰かが状況や人をコントロールしようとしていたり、または支配したい欲にかられている可能性があります。

また、ワンドの2のカードが出た時には、自分の能力や才能を社会やまわりの人達のために使っているかどうか、自分の行動を見直してみてください。あなたの才能は、単なる私欲のためではなく、他の人々と喜びを分かち合うからこそ、より充実感を得られるものです。ぜひこのカードが示す力をポジティブな環境作りに変えていくように使ってみてください。

そしてこのカードには、型やぶりな独創性という意味もあります。なにか問題にぶつかったとき、型にはまらず大胆でクリエイティブな発想をして行動してみてください。ありきたりで、古いアプローチは捨て去りより自由な自分を表現してみてください。きっと意外な結果が得られるはずですよ。



posted by パープル at 19:51| 小アルカナ【ワンド】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

ペンタクルのナイト

6a0120a6bc1acd970b0120a6bc23f8970b-500wi[1].jpg

「ペンタクルのナイト」のカードは、目標に向かって堅実で着実にすすんでいく真面目な姿勢です。どんな仕事であっても、最後までやり遂げます。少しゆっくりかもしれませんが、忍耐強く達成していきます。何が一番大切で、ムダなことはなんなのかを見きわめていきます。

このカードのネガティブな面は、少しマイペースで頑固。そして、柔軟性には欠けるところがあります。安定志向で変化を嫌います。

リーディングでこのカードが出たときは、あなたの信念に従い目的や目標達成に着実にすすんでいることを示しています。ただし、人の意見に耳を傾けること。人に対して支配的になったりするときにはバランスをとることが必要です。

また、逆位置の場合は今の目標や目的に対し、もう少し深く考えていくことが必要だということを教えてくれています。また集中力が欠けているときにもよく出るカードです。今一度、注意散漫になっていないか、見つめなおすことが必要です。

このカードは慎重に、そして粘り強くなるようにと教えてくれているのです。


posted by パープル at 18:28| コートカード【ペンタクル】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。