2014年04月11日

カップの1

cup1.png

カップのエースのカードは深い感情、親密さ調和、共感、愛といったテーマがもつ可能性を象徴しています。リーディングでは、まだあなた自身が気づいていないけれども自分の人生に大きな感情的な気づきの種となるものが眠っていることを示しています。やがて芽を出す、種にはどんな形にもなり得る可能性があります。それは魅力、強い感情、直観的な知識、共感的な反応といった形としてあらわれるかもしれません。

一方、表向きの形としては何らかの申し出、ギフト、好機、出会いといったことなど訪れるかもしれません。このカードが出たときは、愛にあふれたエネルギーがあなたのためにどう働くのか実際の人生の中で試してみてください。ここで言う愛は、必ずしもロマンティックなものだけに限定されるわけではありません。肝心なのは他者との深いつながりを求める方法を見つけだすことです。

また、カップのエースは、内面との調和とスピリチュアリティのカードです。そもそもカップは愛情のスートであり、エースは心からやってくる感情をダイレクトに受け止める状態を示しています。あなたを新しい方向へと導く感情の力に従ってください。そしてなにより愛に包まれることこそが、このカードの意味していることであるということを忘れないでください。

ラベル:カップの1
posted by パープル at 16:02| Comment(0) | 小アルカナ【カップ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

小アルカナ【カップ】


小アルカナ【カップ】-四大元素の水
カップというスートは心の動きに関する事柄をあらわしています。恋心、幸せな気持ち、落胆のとき、過去を振り返ったり、迷ったり、毎日の生活心の動きのない日はありません。こんな心の一場面を一連の流れによそってあらわしているのがカップです。

タロットの中に描かれている水は、そのまま自分の中にある気持ちを感情をあらわしています。カップはそれを受け止めておく入れ物です。カードの中でカップはいろんな形で描かれています。整然と並んでいたり、手渡されていたり、それはそのまま心の持ちようをあらわしています。前半は、心を通わせること。後半は自分の心に素直になってふっきれていくようなありようが示されています。

【カップのストーリー】
ある人が女の子に出会い、好きになりました。彼は彼女に一生懸命アプローチして二人は付き合うことになりました。お付き合いは順調にすすみ、ついに二人は結婚します。楽しい毎日が続きますが、ふと「このままでいいのか?」という疑問がわきます。これはなんとかしなければと彼は今を変えるべく行動を起こします。ですが、それは失敗に終わってしまい、彼は昔のままでよかったんだ、あの頃に戻れたらどんなに幸せだろうと思わずにはいられませんでした。

過去にいろいろあったので「ああなるといいな。これは嫌だなぁ。という気持ちがあってどうすればよいのか彼はなかなか見極めることができません。ですが、彼の心はいつか納得のいく一つの選択肢に絞られています。彼は自分の気持ちに素直になり、もうどうしたらいいのか、これでいいのかと迷うことはなくなりました。

その結果、彼はとても満足のいく人生を歩めるようになり、そんな満たされた彼のまわりにいる人たちも幸せな気持ちになるのでした。彼は自分の存在がまわりを幸せにしていることがとてもうれしいのでした。

posted by パープル at 21:05| Comment(0) | 小アルカナ【カップ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。