2014年04月12日

カップの4

カップ4.jpg

カヤックなどの川でのスポーツをされる方はご存じのとおり、川には危険な渦巻き状に水の流れている場所があります。そこで水は前に向かっているのではなく、絶えず自分自身へと戻ってくる流れといます。それと同じように、私たちは感情がもつ水圧へと引き込まれ、時として動けなくなってしまうこともあります。

カップの4のカードは、そのような自分自身へ没頭してしまっている状態をあらわしています。もしあなたが、自分自身へと没頭しきってしまっているなら、すべての物事を自分自身の興味と望みへ引き寄せて考えようとする傾向が強くなっていることに注意する必要があるでしょう。

このカードには、差し出されているカップに気づかずにいる男性が描かれています。彼は自分の内にこもってしまっているために、このギフトを見逃してしまっています。実際にリーディングにおいてもいまこの瞬間、あなたが自分だけの世界の中に引きこもってしまっていることをカップの4のカードは示していると言えます。

もちろん状況によっては、自分自身のことに集中しなければならないときもあるでしょう。そういう意味では自己を省みることで自分を生き返らせるポジティブな時期を示すものとしてカップの4のカードを見ることもできます。ときとして、私たちはあれこれ夢想に浸ったり、ものごとを熟考したり、思案したりする時間をとることによって、自分自身の感情のバランスを回復していくことも必要なのです。

その一方で外の世界に対する無関心さを示すこともあります。どんなこともまったく興味を引かれることがなく、人生の面白味がなく平坦に感じてしまいます。そんなときこのカードが示唆しているのは、その人の感情の流れの停滞です。もしあなたがそんな状態なのだとしたら、精神的にも気持ち的にも没頭できる新しい何かが必要なのです。あなたを取り囲む環境に対して心を開いてみてください。そうすればきっとすぐにでも、もう一度あなたの進むべき道が見つけられるはずです。




ラベル:カップの4
posted by パープル at 18:50| Comment(0) | 小アルカナ【カップ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カップの3

カップ3.jpg

タロットの中で集団というテーマに対して、それぞれ異なる観点からファーカスしたカードは3枚あります。大アルカナの「司祭」のカードはあくまで形式的な意味で結びつく集団です。また、小アルカナのペンタクルの3のカードはチームワークという観点からみた集団というテーマをあらわしています。これに対して感情というレベルで結びつく集団をあらわしているのが、カップの3のカードです。

このカードには3人の女性が輪になって踊っている姿が描かれています。彼女たちは気持ち(カップ)をひとつにしようと、お互いに腕を高く差し、伸ばしています。様々な場面で女性たちは、人々を共に結びつけるために、社会的な意味での接着剤のような役割をはたします。この踊っている女性たちは、愛によって共にひとつになることを象徴しています。

リーディングでカップの3のカードは、友人関係、またはそれにまつわる感情的なものをあらわしています。このカードがあらわれたら、実際に自分が属している集団に対するあなた自身のつながりを感情という面から見直してみてください。あらゆる意味での人間同士の支え合いを象徴しています。そこにはカウンセリングやその他の社会的な奉仕といった形で公的な援助も含まれています。

カップの3の3人の女性は、喜びや高い精神性をもあらわしています。人々が結びつき、お互いの愛を感じ、安心感を得られるときです。自然にその喜びと幸せを祝福したい気持ちになるものです。このカードは、そういった気持ちを表現するために思わず歌って踊りだしたくなるようなムードや状況をあらわしています。

ラベル:カップの3
posted by パープル at 14:37| Comment(0) | 小アルカナ【カップ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

カップの2

2カップ2.jpg

カップの2のカードを理解するためには、まずその絵のイメージを見る必要があります。男性と女性がお互いを見つめ合い、カップ(感情)を共有し合おうとしています。これはまさにロマンチックでセクシャルな意味において惹かれあっている絵です。このふたりの間に愛のエネルギーが通い合っていることは明らかです。

このカードはふたりが寄り添ったときに創り出せる美と力をあらわしています。このカードに描かれているのは、恋人たちがそうなることを望んでいる光景です。また、このカードは多くの点で大アルカナの恋人のカードと共通するものも持っています。

このカードには、恋人同士の交流という表面的なイメージ以上により広い意味もあります。ふたりの力がともに惹かれあうときはどんな場合でも、そこには強い結びつきが生まれてくる可能性があります。すなわち、このカードは人々、集団、アイディア、才能など何であれ、それらの間の結合を象徴しているのです。

リーディングでカップの2のカードは、あなたの人生の中で何かとつながり合うこと(特に一対一のつながり)を探し求めるようにと告げています。今は他者と距離を開けたり、ひとりになったりするべきときではありません。他者とつながり合い共にパートナーシップを築いていくときなのです。かりにあなたが、自分自身の中の二つの相互する気持ちやどちらかを選択しなければならないことに対して葛藤しているなら、どちらかを切り捨てるのではなく、それらを上手く調和する方法を探してください。

このカードは、たいがい歓迎するカードであるとはいえ、ときには注意しなくてはならないときもあります。2という数字の持つエネルギーには、独特の力があります。ときに恋人たちは、ふたりの世界をつくり上げその他の人たちを排除しているかのように感じさせます。恋人同士というのが3人ではありえず、男女一組のペアになるということがあなたのまわりの状況に不調和をつくりだしてしまわないように。

ラベル:カップの2
posted by パープル at 16:36| Comment(0) | 小アルカナ【カップ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。