2014年04月19日

ソードの7

7ソード7.jpg

ソードの7のカードは、ソードの5のカードと関連しています。というのも、このふたつのカードいずれも自分と他者を引き離す意味をもっています。このカードの絵を見ると、そこにはカラフルな大型テントが象徴する人々の共同体から、爪先立ちで逃げ出す男性が描かれています。彼はソードを腕に抱え、盗みの成功に喜びを感じているようです。あたかも彼は、隠し事をし何かをひとり目論んでいるかのようです。

しばしばこのカードは、一匹狼として生きること。すなわち、ひとりで自由に生きていきたいという望みを象徴しています。他の人が気が付いていない様々なことを発見し、自分自身の知恵と力だけで、どんな問題でも解決します。彼は、一般人が行う見当外れなやり方を無視し自らの成功を信じて行動しているのです。

リーディングでのこのカードは、あなた自身あるいは他の誰かが一匹狼になりたいことを示している場合があります。もしかすると、あなたは自分ひとりでやった方がより効率的で快適にものごとが進むと感じているのかもしれません。もし、あなたが、今一人で行動したい気持ちに傾いているのなら、その単独行動が自分にとって本当に有益なことであるかよく考えてみる必要があります。

しばしばこのカードは、人の関わり合い、責任、辛い仕事、愛情関係といった何らかのことから逃れようとすることで、他の人にとっても状況が悪くなることを知らせてくれます。人生の中で私たちは、直面せねばならないことに対して逃げ続けるのではなく、素直に向き合わなければならないこともあるものです。

また、このカードは、あなたもしくは他の誰かが正義に反することを隠れて行っていることを示すこともあります。とにかくこのカードが現れたときにはあなたの自尊心や幸せを損なってしまうような正義に反することを隠れて行おうとしていないのか、あなたの内なる声に耳を傾けてください。

posted by パープル at 13:53| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

ソードの6

ソード6.png

ソードの6のカードに描かれているのは、活気のない憂いげな状態です。カードに描かれているボートに乗った人物をみるとどこか悲しげで当てもなく離れていくようにも見えます。なにか深刻な問題があるわけではないけれども、本当によいことがあるわけでもなく、また何事もなく過ごしているものの、逆に大きな成功を収めているわけでもありません。このカードはもう少しポジティブな状態として回復という意味を持つこともあります。

これはちょうど辛いことを体験した時や、心理的なショックを受けた中に描かれているボートの中の旅人は、少なくとも前にすすんでいってます。また、このカードは実際に環境の変化、移転、旅行などを示していることもあります。ただし、それは必ずしも実現のものとは限らず、心理的な意味での旅。すなわち、自分の気持ちのあり方を今の状態から別の状態へと移していくという意味での旅を意味する場合もあります。

このカードは大きな喜びを約束するものではありません。けれども、それは絶望の淵から抜け出させてくれることは確かです。たとえ、あなたが沼にはまっているのだとしても、それは決して底なしではありません。やがて抜け出すことのできるちょっとしたくぼみのようなものです。

このカードがあらわれたら、仮に今は物事が思った通りに進んでいないように感じたとしても、少しずつポジティブな状況へと進んでいるのだと信じてください。

タグ:ソードの6
posted by パープル at 21:01| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソードの5

ソード5.png

ソードの5は私利私欲に関するカードです。リーディングでこのカードは、あなたはもしくは他の誰かが、こういった大きな視野でみた自己の持つ意味を忘れてしまっていることを示しています。もしあなたの関心が非常に狭いものに限られていたり、自分だけ先に進もうとしているなら、その行いは何らかの形で跳ね返ってきて、しつこくあなたを脅かすことにもなりかねません。

また、結果を出すためだけに誰かを傷つけることは、仮に勝利を収めたとしても完全に心が満たされるものにならないということにも気づいてください。しばしばこのカードは、自分自身にまずは関心を向ける必要性を意味している場合もあります。もしあなたが、ひどい扱いを受けていたり、誰かに利用されているなら、まずはその境遇から抜け出すことが肝心です。もし誰かの要求に振り回されて疲れ切っているのなら、その状況から離れ、もっと自分を大事にしてください。

このカードは、小さな意地悪から戦争に至るまで非常に広い意味での敵意を象徴しています。私たちを結びつける絆が、何らかの形で切れたときそこに不調和が生まれ敵意へと発展します。また、このカードは誹謗中傷をもあらわします。詐欺、嘘、戦略、不道徳な行為。それらをあなたは受ける側かもしれないし、あるいは逆にそれらを犯す側に回ろうとしているのかもしれません。


タグ:ソードの5
posted by パープル at 17:15| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。