2014年04月19日

ソードの10

ソード10.png

ソードの10は非常に不運なカードに見えます。しかし驚くべきことに、実際には本当の苦しみというよりはメロドラマ的なトラブルをあらわすこともあります。このカードの男性の背中には多くの剣が刺さっています。このカードがあらわす意味の一つは考えられる限りの不運です。次々と災害にはお手上げとなり笑い出すことがあります。

しばしばこのカードは実際の悲しい出来事を示すこともあります。そのとき、あなたには笑うべきことなど何もないかもしれません。しかし、このカードが明るい側面を持つことも忘れてはいけません。

posted by パープル at 20:42| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソードの9

ソード9.png

悲しみや後悔は夜の時間、心をもっとも激しく揺さぶるものです。ソードの3のカードがあらわす、外からやってくる痛みとは違って、ソードの9のカードは内側から湧き上がってくる痛みをあらわしています。

このカードが示すのは一般的に何らかの心配事ですが、罪悪感も苦しみの原因となっていることもあります。間違ったことや、誰かを傷つけることをやってしまったとき、あるいは本当はやればよかったことをやらなかったとき、その罪悪感はとても辛いものになるでしょう。

このカードは決して喜ばしいカードではありません。ただし必ずしも大きな苦悩を示しているというわけではありません。ときには、あなたの人生の中で起こり得る危うい状況を示すために、不幸やトラブルのもととなる要素を予めあらわしてくれていることもあります。

また、あなたがこれから進んで行こうとしている道の困難さを警告してくれているとも言えます。もしこのカードを、あなたが危険を示すサインとして理解するなら、むしろそれを前向きな形で受け止め、生かしていくことだってできるはずです。

タグ:ソードの9
posted by パープル at 15:43| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソードの8

ソード8.png

ソードの8のカードに描かれた女性は途方に暮れ孤立しています。目隠しのため見ることもできず、縛られているため、手を伸ばすこともできません。ソードで作られた牢獄に囚われているため、自由に動くこともできません。そんなソードの8のカードは、私たちが途方に暮れ、混乱し、そして無力さを味わうときの状態を象徴しています。

しばしば私たちは、自分を取り巻く環境によって身動きが取れなくなってしまうことがあります。あるとき気が付いたら信じられない状況に陥っています。行き詰った仕事や厄介な人間関係、山のような負債など。

リーディングでソードの8のカードはあなたが自由や選択のない状況に向かっている(あるいはすでにそういう状況にいる)ことを示しています。けれども、ここで大事なことはどんな状況であれ、自分には選択肢があるし、行動する力をもっているのだということを忘れないことです。どんなに身動きができない状況にいると感じても、可能性を信じ続けてください。カードの絵の中の若い女性は身体をくねらせヒモを解き、目隠しをはずし、そして剣をけり倒すことだって本当はできるのです。ソードのスートが持つ特質である明晰な思考と確かな目的意識で遠く離れてしまった家に戻るための最初の一歩を踏み出してください。

posted by パープル at 15:06| Comment(0) | 小アルカナ【ソード】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。