2014年04月03日

タロット-The Devil 悪魔

akuma.png

このカードは、私たちが悪と結びつく錯誤へと陥ってしまう可能性を示しているのです。第一に、錯誤は無知からやってきます。すなわち真実を知らず、そもそも知らないといことにすら気が付かないことです。第二の錯誤は物質主義に囚われることです。形あるもの以外は信じないという気持ちをあらわしています。

このカードは悪を象徴するものとは言え、リーディング中では、そこから連想されるような恐ろしい結果を単に意味するわけではありません。むしろこのカードは不健全で非生産的な状況に陥ってしまっていることをあなたに知らせてくれています。しばしばこのカードは、自分自身や将来を疑ってかかるネガティブな考え方を映し出していることもあるでしょう。

このカードが出た時は、自分自身が当然だと思い込んでしまっている事柄に対しても注意深く見直しをしてみることが必要です。そして、間違ったものの見方をしていないか、あるいはよくない状況に陥っていないか確認してみてください。

正位置
*誘惑
*束縛されるもの、こと
*浮気
*どうしたらいいかわからない
*魔がさす
*こだわりすぎて見えなくなる
*隠れた交際
*障害に負ける

逆位置
*誘惑や束縛から解放される
*ふっきれる
*腐れ縁を断ち切る
*悩みから解放される

posted by パープル at 15:53| Comment(0) | 大アルカナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タロット-Temperance 節制

sessei.png

極端に走ることなく、偏ることなく常に変わらないことを重んじる。そういった人たちの存在は心を安らがせてくれるものです。このカードはそんな穏やかなエネルギーなのです。

穏やかであるためには節度と自制心が求められます。誘惑に満ちた世界では欲望に囚われないよう、心の調和を維持する努力も必要とされています。表面的には何も起こっていないようにみえるでしょう。しかし、その中心にあるものは台風の目のような穏やかさであり、たとえあたり一面に風が渦巻いていてもその中心にはすべてを均衡へともたらす静寂の場所があるのです。

リーディングにおいてこのカードは過激なカード(たとえばナイト)が一緒に出た時には、とくにその節度が必要であることを示しています。また、バランスの必要性を意味し、とくに対立する派閥をひとつにするきっかけを見つけるためには歩み寄りと協調が何よりも不可欠であることを教えてくれています。落ち着かせる(temper)は、新しい要素を混ぜ合わせることによって穏やかにすることを意味します。私たちが異なる立場の葛藤に理想的な融合と結合の繰り返しが必要なのです。

また、肉体、精神、感情のすべての面における健康をあらわすカードです。したがって病気や体調不良が気になるときもこのカードは生命力と健康を約束してくれるでしょう。

正位置
*物事にうまく対応すること
*調整がうまくいっている
*安定感
*順調な発展
*穏やかな心持ち
*協力者の援助

逆位置
*物事が円滑にすすまない
*気持ちが不安定
*ダラダラした毎日
*いい加減なこと
*トラブルに巻き込まれる

posted by パープル at 15:13| Comment(0) | 大アルカナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タロット-Death 死神

death.png

このカードは実際の肉体的な死とはまったく関係ありません。
リーデジングにおいてこのカードは、大きな変化の始まりとなる重大な終わりを意味します。
それはひとつの時代が幕を閉じる瞬間のシグナルです。

また、この死のカードは物事をもっとも根源的なものに目を向けることを示唆しています。ですから、死にゆくことが本当に重要な何かへとあなたの気持ちを向けさせるということもあるでしょう。

そのときこそ、このカードはあなたに不必要な物を切り捨てるべきだということを気付かせてくれることに違いありません。このカードは容赦のない冷酷な力を思い知らされることも意味しています。人間にとって死は避けることのできないことであるのと同様に逃れられない何かの出来事を示しています。そんなときは、自らの宿命に従い自分が連れていかれる場所をしっかりと見つめる事こそが最善のアプローチとなるはずです。

正位置
*物事の終わりと新しい出発
*考え方の転換
*別れはあるが良い方向へつながる

逆位置
*新しい出発がなかなかできない
*動きがない
*停滞
*うやむやな状況
posted by パープル at 14:50| Comment(0) | 大アルカナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。