2014年05月22日

ペンタクルの6

6ペンタクル6.jpg

「ペンタクルの6」のカードは、手に天秤をもった裕福そうな男性が貧しい人にコインを分け与えています。彼の隣にいる人物は、コインをもらえるのを待っているようです。手に持った天秤は、まるで彼がコインを与えるのか否か、決める権限があるかのようです。このカードには、与える物と受け取る物、お金持ちと貧乏。というようにその両方の側面が描かれています。

リーディングにおいてこのカードは、資産といった物質的なもの、知識、力や愛情といった非物質的なものにおいても、物事を両面的に深く見つめるようにと教えてくれています。また、かりにあなたが片方の面でしか見ていないのなら、もう片方の面も見るようにとも告げています。たとえば、あたかも成功しているように見えているビジネスマンであっても突然の破産することになったり、わがままで病弱そうな人が、実は周りを圧迫していたり、お金を与えて誰かをコントロールしていたり。ということについて考えてみてください。

このカードは、持つことと持たざることの両面の意味が含まれています。アドバイスをもらうのか、与えるのか、あるいは他者を指導するのか従うのか、といったことに対してもその一方をあらわす場合もありますが、このカードは今の状況が明らかに見えたとしてもより深く物事を見ていく必要があります。そして改めて表裏を考え直してみるようにと問いかけているのです。
posted by パープル at 20:54| Comment(0) | 小アルカナ【ペンタクルス】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。