2014年04月05日

大アルカナと小アルカナ


大アルカナが人間にとって普遍的なテーマを表している一方で小アルカナはいかにそれらが日々の出来事の中で作用しているかを示します。
そのことによって大アルカナのテーマを実現の要領へと結びつけます。このカードは毎日の生活におけるドラマを形作る実際の行動や関わり方、そして気持ちの変動などを象徴しているのです。

小アルカナのカードは全部で56枚あります。それらはワンド(棒)、カップ(杯)、ソード(剣)、ペンタクルス(コイン)という4っつのスート(グループ)に分けられます。これらのスート以下に見るようにそれぞれ人生に対する特定のアプローチを表しています。

【ワンド】
活動、行動、創造力を表すスートです。熱中、冒険、リスクを負うこと、自信といったようなことと関係しています。このスートは中国哲学における「陽」、あるいは男性原理であり、火のエレメントとも関連しています。明減する炎こそがワンドの力の完璧なシンボルです。そのエネルギーは外へと向かって流れ、物事を情熱的な関わり合いを生み出します。

【カップ】
カップはエモーションやスピリチュアルな経験に関連するスートです。心の中の状態、感情、人間関係のパターンなどをあらわします。このスートのエネルギーは内へと流れます。カップは中国哲学の「陰」、あるいは女性原理であり、水のエレメントとも関連しています。流れ、空間を満たし、潤いを与え変化する気持ちを映し出す水。それこそがカップのスートの理想的なシンボルです。

【ソード】
ソードは知性、思考、理性のスートです。正義、真実、善悪の判断の原理を表すスートです。ソードは風のエレメントと関連しています。雲ひとつなく晴れ渡り、光に満たされた空、それがソードの理想とする明晰な精神のシンボルです。またこのスートは、不調和や不幸に導く状態とも関係しています。知性はもちろん、価値のあるものですが、インナーガイドの知恵で満たされなければ、自我の単なる使いとなり、私たちを外れた道へと迷わせることにもなっています。

【ペンタクル】
ペンタクルは実際的なこと。保障や安全、物質的な関心を表すスートです。地のエレメントと関連し物質世界を動かす具体的な事物と関連しています。ペンタクルは自然の美しさ、植物や動物との相互作用、肉体的な感覚などを称えます。またすべての豊かさや繁栄をもあらわしています。しばしばこのスートはコインと呼ばれ、現実世界の中で品物やサービスの交換のシンボルとも見なされています。

小アルカナの各スートは、それぞれ異なるクオリティを持っています。そして私たちの日常の経験はこれらの4つのスートの象徴する要素がブレンドされたものだと言えます。実際タロットリーディングでは、異なるスートのエネルギーがその瞬間のあなたの人生にどれだけの影響を与えているかを知ることができるでしょう。


posted by パープル at 17:36| Comment(0) | 大アルカナと小アルカナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。